Tex, python, illusrator, VPSの学生ノート

latotex-blog

LaTeX

TeX live manager「Back end gone Last command」

投稿日:







TeX live managerは必要なパッケージを手軽にインストールできるので、とても便利ですよね。しかし、ある日こんなエラーが出てしまいパッケージのインストールができなくなってしまいました。


back end gone ・・・?呆然としてgoogle翻訳をかけてみると「バックエンドがなくなった」と表示されました。これはTeXLiveをインストールし直さなければいけないのか?強力な大学のwifiをもとめて外出しなきゃいけない?といろいろ考えていましたが、ついに解決策を見つけたので書き留めておきます。

使用環境はwindows10のtexlive2019です。(ハイライトの関係でコマンドプロンプトのメッセージをlinux風にしています。
windows10のコマンドプロンプトを使う場合は
「$」を「C:\Users\(使用しているユーザー名)>」に適宜置き換えて読んでください)

スポンサーリンク

ダメもとでtlmgrをコマンドラインからアップデート

「Back end gone Last command」のOKボタンを押すと、自動的にtlshell(TeX live managerアプリのウインドウ)が閉じてなにもできなくなるので、ダメ元でコマンドラインからtlmgrをアップデートしてみました。

すると以下のようなメッセージが表示されました。

$ tlmgr update --self --all
tlmgr.pl: Local TeX Live (2019) is older than remote repository (2020).
Cross release updates are only supported with
  update-tlmgr-latest(.sh/.exe) --update
See https://tug.org/texlive/upgrade.html for details.

どうやら、Tex live managerを最新にする必要があるようです。

Tex live managerを最新にする

以下のサイトから

update-tlmgr-latest.exeをダウンロード&実行をします。インストーラーが表示されますが、
特になにも考えずにInstall→closeで大丈夫です。時間もかかりません。

実行したあと、もう一度tlmgrをアップデートすると、正常にアップデートされ、「Back end gone Last command」のエラーも消えます!!
(texliveのインストールほどではありませんが、多少時間がかかります。時間の余裕があるときに行いましょう)
アップデートしたときにコマンドプロンプトに表示されたメッセージ(一部)は以下の通りです。

$ tlmgr update --self --all
tlmgr.pl: package repository http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet (not verified: gpg unavailable)
tlmgr.pl: saving backups to C:/texlive/2019/tlpkg/backups
tlmgr.pl: Preparing TeX Live infrastructure update...
tlmgr.pl: Backup option not implemented for infrastructure update.
DO NOT CLOSE THIS WINDOW!
TeX Live infrastructure update in progress ...
Detailed command logging to "C:\texlive\2019\temp\update-self.log"
self update: tlperl.win32 (50322 -> 54383)
Infrastructure update finished successfully.
About to restart tlmgr to complete update ...
tlmgr.pl: package repository http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet (not verified: gpg unavailable)
tlmgr.pl: saving backups to C:/texlive/2019/tlpkg/backups
[  1/101] auto-remove: gsftopk ... done
[  2/101] auto-remove: gsftopk.win32 ... done
[  3/101, ??:??/??:??] update: animate [3125k] (53010 -> 54543) ... done
[  4/101, 00:45/37:58] update: babel [1529k] (53963 -> 54487) ... done
[  5/101, 01:23/47:01] update: bibtex.win32 [41k] (50155 -> 53994) ... done
[  6/101, 01:24/47:11] update: bibtex [404k] (50602 -> 54070) ... done
[  7/101, 01:27/45:00] update: bxcjkjatype [264k] (42292 -> 54080) ... done
[  8/101, 01:30/44:15] update: bxjscls [1880k] (53812 -> 54673) ... done
[  9/101, 01:48/39:19] update: c90 [96k] (45666 -> 54074) ... done

スポンサーリンク

参考にしたサイト様

tlmgrのアップデートの方法は以下のサイト様の方法を採用しました。

こちらのサイト様の記事はtexive2018について書かれていますが、インストール先のサイトは2020年に更新されているので、
2020/04/26現在でも対応できます。


-LaTeX

Copyright© latotex-blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.